« 彗星発見! | Main | 人気のお菓子 »

2004.01.15

青酸カリ

 山崎製パンを「青酸入れる」と脅した疑いでうどん屋の店主が逮捕されたとか。実際に青酸カリを所持していたわけではなく、パンのせいでうどんを食べてもらえないことを恨んでいたわけでもなさそうで、単に金に困っての犯行だったようですが……相変わらず、青酸カリは毒物の代表なのだなあ、と思います。

 青酸カリというのは慣用名で、シアン化カリウムという呼び方のほうを私たちは普通に使っています。青酸ソーダはシアン化ナトリウム。
 大学時代の学生実験で、ごく微量のシアン化カリウムを使うものがあったんですよね。当時はまだ私もウブでしたから、なんかものすごくビビってました。

 分析業に従事している現在、まあ時代はクリーン化とか省力化とかそんな流れで、分析にもあまり後処理に困るような毒性物質は使わないようになってきています。シアンの廃液は、酸性にすると青酸ガスが発生するので危ないんですよね。

 一体何年前に買ったものだろう、というような、ラベルからして時代を感じさせるシアン化カリウムのびんが、毒物庫と呼ばれる鍵付きのボックスに保管されています。もしも何者かに盗み出され、悪用されたりしては大変なので、厳重管理されているわけです。
 他にも、一般には毒物であることが知られていなくても、毒性の強い物質はもちろん毒物庫に保管されます。

 しかし数年前、毒物庫に新たな仲間が加わりました。アジ化ナトリウムです。確か、湯沸しポットのお湯の中に入れられていて、飲んだ人たちが中毒症状を起こした、というような事件があったんですよね。そのおかげで毒物としてのアジ化ナトリウムの知名度が上がってしまったため、盗み出して悪用しようとする人がいるかもしれないから、というので毒物庫入りとなったわけです。実際、毒物としてはそう危険な部類に入るわけではないと聞いてはいますが、やはり問題はネームバリューなわけです。
 毒物カレー事件の時も、毒物管理体制のチェックが入りました。三酸化ヒ素はもともと毒物庫に入っていましたけど。

 化学系の勉強や仕事をしていた人が、化学の世界を離れるとき、「いつか何かの役に立つかもしれないから」と、こっそりシアン化カリウムを持ち出して保管しておく、というケースがかつてはかなりあったと耳にしたことがあります。で、やがて役に立つどころか処置に困るようになる、と……。決して真似してはいけません。

|

« 彗星発見! | Main | 人気のお菓子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10248/104686

Listed below are links to weblogs that reference 青酸カリ:

» 分析技術者のかた発見 [技術系サラリーマンの交差点]
 こんにちは。今日から公開を始めた新参ココログです。いきなりですが、齋藤 喬さんの記事にトラックバックさせていただきます。  齋藤 喬(さいとう きょう)さんは... [Read More]

Tracked on 2004.01.24 at 04:19

« 彗星発見! | Main | 人気のお菓子 »